上総の自然で育った「かずさ和牛」は、一般的に霜降り牛肉は脂がしつこいといわれてます。しかし、かずさ和牛研究会で育てた牛肉は、融点が低くあっさりとした脂質が特徴で、たくさん食べても飽きのこない、さっぱりとした牛肉です。
高品質の飼料にこだわり、水も千葉県にはヨード(千葉県に世界の60%があり)を含んだ豊富な水があり、新鮮で美味しい牛肉です。
※かずさ和牛研究会では、より安心できる牛肉を皆様にお届けしているため、過去及び現在において肉骨粉の使用は一切しておりません。
   
千葉県は酪農の発祥地であり、享保13年(1728年)八代目将軍徳川吉宗によりインドから3頭の白い牛が、房総半島の嶺岡地区に放たれたのが始まりとされます。

明治に入り明治天皇が牛肉を食べた事がきっかけで、一般庶民にも解禁されました。

牛肉が普及された現在、千葉県の和牛は関東肉牛枝肉共進会で、毎年優秀な成績を残してます。

 〒264−0021
 千葉県千葉市若葉区若松町432−35
 TEL:043−(231)−6330
 FAX:043−(231)−6355
info@kazusa-wagyu.com
 
一口に牛肉といっても、国産牛(和牛・交雑種・乳牛)・輸入牛等、多種に分かれています。

主な種類は次の通りです。

美味しい牛肉になるために改良されてきた品種で、日本が誇る世界最高の肉となります。

父が黒毛和種、母が乳牛(ホルスタイン)など、ハーフです。おいしさも黒毛和種と乳牛種の中間と言えます。

乳絞りを目的とした系統ですが、搾乳に使われない牛は、牛肉となります。
   
トップページに戻ります このページのトップへ戻ります